ホンキの1kg

二の腕にしろお腹にしろ、すぐに痩せられる方法はない

ダイエットの情報や商材はあふれています。

痩せたいなと思ってちょっと調べてみると、びっくりするほどいろんな理論や方法があるものです。

少しでも楽で、すぐに痩せる方法はないものかと探してしまう気持ちは分かるし、ちょっとくらい値段の高い方法でもやってみようかと考えるのもわかります。

しかし、すぐに痩せる方法には、何かしら無理があるものです。

ダイエットは結局、王道である「活動を増やして食事を減らす」しかありません。無理な方法には飛びつかないで、じっくり取り組みたいものだと思います。

部分痩せは特にムリ

太るのは簡単だけど、痩せるのは難しいですよね。二の腕とか、お腹とか、気になるところを部分的に痩せさせるのは、本当に難しいものです。

部分痩せができる、というエクササイズや、筋トレも紹介されていますが、成功したという話はあまり聞きません。

ましてや、「すぐに」などという売り文句のものは、疑ってかかった方がいいと思います。

 

私が過去に試したものに、すぐに痩せるサプリメントというものがありました。食事の前に飲んでおく、というものでしたが、それは結局、栄養吸収を阻害するだけのものでした。

その後に試したものは、内容的には下剤と同じものでしたし、どちらも体に良いわけでは全くないし、飲むのをやめればすぐに元通りになります。

元通りどころか、リバウンドしやすい体になってしまいます。運動して筋肉をつけ、代謝を上げながら痩せていく方がよいです。

すぐ痩せるといっても、そもそも「痩せる」とは何を目標にしているのかを考えてみましょう。

 

体重が軽ければ痩せているのか

痩せた、と感じるのは、サイズが落ちた時だと思います。でも、痩せたいと考えるときに、ほとんどの人は体重を落とそうと考えます。

もちろん、体重が落ちればサイズも落ちることがほとんどですが、例外もあることを忘れてはいけません。

それまで運動不足だった人は、筋肉がついていないので、運動して筋肉がつくと体重は増えることが多いです。同じ大きさでも、筋肉の方が重たいですからね。

なので、体重だけを気にしていると、「運動を始めたら、かえって太った」なんて思ってしまうことがあるのです。

 

でも、筋肉が全くついていない体は、代謝が悪くエネルギーを消費しないので、痩せにくい体です。筋肉がつくと代謝が上がり、体温も上がって痩せやすい体になります。

運動して筋肉がついて、その時は体重が増えても、その後は効率的に痩せることができます。

ぜひ、諦めてしまわないで、続けましょう。

 

すぐに痩せる方法ではなく、地道にかんばるために必要なことは、

  • 自分で食事を用意する
  • 自分の適量を知る
  • 食べてよいもの、食べてはいけないものを知る
  • ダイエットの休日を作る
  • 写真を撮っておく

ことです。

楽して簡単に、気になる部分だけを痩せさせる方法はありません。時間がかかっても、正しく継続できる方法で痩せましょう。

このページの先頭へ戻る