ホンキの1kg

痩せすぎは美しくない

いつの時代でも、痩せたがる人は必ずいるものです。

確かに太っていて、痩せないとちょっとマズいかも?という人だけでなく、

「それ以上痩せてどうするの」

と思うほどスマートな人も、もっと痩せたい、と言ってたりします。

そういう場合は、ちょっと心配になりますね。

骨と皮の広告写真を見て驚いた

SNSを見ていると、プロモーションとして広告が表示されますよね。

こちらの年代や性別を判別して、最適な広告を出しているのか、ダイエット関係のものが表示されることがよくあります。

でも、先日の広告には驚いてしまいました。

「痩せすぎ注意!」

などと書かれた広告には、骨と皮の状態になった白人女性の写真が表示されていました。

健康状態が心配になるような痩せすぎた写真を見て、羨ましい、こうなりたいという女性がいるとしたら、精神状態が心配です。

病的に痩せている状態は、美しくないと思うんです。

 

どのくらいの体重・体脂肪の状態が適度なのか、数値には多少の個人差があるものだと思います。それでも、最低ラインというか、これ以下になったら身体が正常に機能しませんよ、というところはあるはず。

それを下回ってまで痩せたいと思うのは、メンタルに問題があるように思います。

太りすぎは美しくないけど、痩せすぎも美しくない。

目標を立てる時にも、また減量に成功してからも、どのくらいを維持していけば美しい状態が保てるかを考えておきたいものです。

このページの先頭へ戻る