ホンキの1kg

水を飲まないと太るのは、代謝が落ちるから

ヒトにとって、水分は食物よりも重要なものです。

遭難して食べものがなくても、水があったために助かった、なんて話を聞くことがありますよね。

水分は生命維持のために重要で、生きていくのに絶対に必要なものです。

水だけを飲んで太ることはありえない

ところが、ダイエットのために水分を摂らないようにする、なんて人もいます。

理由を聞くと、ボクサーの減量では水を飲まないと聞いたから、なんて返事がきたりして、申し訳ないけどちょっと笑ってしまいました。

 

ボクサーの減量は、極限状態を作りますから、最終的には水を絶つこともあるそうですけど、極めて短期間に行う「最後の手段」であり、計量が済んだらたくさん水は飲みますよね。

一般人がダイエットのためにする手段としては適切でないし、何より身体にとても悪いので、お勧めできません。

それどころか、水を飲まない生活をしていると太ります。理由は、代謝が落ちるからです。

ヒトの身体は、年代にもよりますが60%から70%が水分で出来ています。血液や体液、内臓の分泌液などなど、その原料になるのは、摂取する「水」です。

水がないとそれらが作られなくなり、身体の機能を維持出来なくなります。

そのため、水分摂取が不足すると、身体は現在体内にある水分を廃棄せず、溜めておこうとします。

しかし、体内にある水分はフレッシュな水分ではないので、老廃物をため込む結果になり、代謝が落ちてしまいます。

そうして太ってしまうというわけです。

 

体重が増えてなくても、太ってる

この状態の特徴は、体重はあまり変わらない、ということです。

便秘したり、老廃物が溜まることで多少は増えますが、誤差とも思えるもので、数字を見てもたいして増えていないので、太っていることに気づかないのです。

これまで入っていた服が入らなくなったり、靴がキツくなる、肌着の締め付けが強く感じられるなど、状態として「太った」と感じることになります。

そもそも、太った・痩せたというのは、数値よりも状態で見分けますよね。水を飲まないと太るというのは、以上のような状態に陥るということです。

 

では、水分を摂ればいいのね?とばかりに、お茶やコーヒー、清涼飲料水などを飲んでしまうと、解決に向かわないので、これまた注意が必要です。

お茶やコーヒーには利尿作用があり、水分をどんどん外へ出そうとしますから、体内に必要な分が残らず、またすぐに水分が欲しくなります。

お砂糖や甘味料、乳製品が入った飲み物は、体内に糖分やカロリーが残りそれも太る原因に。

水分不足は、「水」で補うのが基本です。

冷たい水は内臓を冷やし、代謝を落とすので、常温の水が一番です。

寒い時期には沸かしたお湯でもいいですね。しかしお湯は飲むのに時間がかかりますから、たくさんの水分を摂ろうと思ったら、やはり常温の水がお勧めです。

常温の水であれば内臓を冷やさず、活用するために体温近くまで体内で温めようとするため、そこでカロリーが消費される、という説もあります。

本当にそうなら、一石二鳥ですね。

痩せるためには、まず水分補給。これは基本みたいです。

このページの先頭へ戻る