ホンキの1kg

痩せる下着で痩せられる?

○○するだけで痩せる、という商品は昔からずっとありますが、最近は本当にすごいですね。

「身につけるだけで痩せる」

という下着があったりします。

着るだけ・履くだけで痩せるなんて、夢のようですね(笑)

どういう理由で痩せるのか

テレビCMなどで見ると、むやみに高いテンションに引っ張られて、ついつい注文してしまいそうになります。

運動しなくてよくて、食事の制限もしなくていい、下着は毎日当たり前に着るもので、それを変えるだけで痩せるなんて。

本当なら、1万円くらい安いもんだ、と思ってしまいます。

でも痩せる下着は、どうして着るだけで痩せられるんでしょう。

下着を身につけて痩せられる根拠については、だいたい次のように説明されています。

  1. 骨盤矯正による作用
  2. 脂肪燃焼作用
  3. 血液・リンパの循環改善作用

骨盤矯正については、痩身効果というより、内臓がちゃんとした位置に納まることで、ぽっこり出ていたお腹が引っ込む効果があります。

だから嘘ではないと思うんですが、「痩せる」のとはちょっと違います。

体重は変わらないですからね。ただ、内臓が正しい位置に納まることで、健康状態が改善する期待はもてます。

 

脂肪燃焼作用については、よくわかりません(笑)

生地の編み方などで、加圧効果があるため脂肪燃焼します、という説明を読むことがありますが、加圧は筋肉を育てることはあっても脂肪を燃やすことはありません。

もちろん、筋肉が育てば、代謝が上がってエネルギー消費量も増えますから、これも嘘ではないと思います。

でもちょっと、ミスリードを誘う説明かなって思いますね。

 

血液とリンパの循環を改善する作用については、確かに下着に期待できるかもしれません。

着圧を調整することで、滞りがちな血流やリンパ液を流すことは出来ます。

でも、痩せるのかというとこれも、どうかなという感じ。

むくみは取れると思いますが、一時的なものではないでしょうか。

 

いずれにしても、健康増進効果は期待できるかもしれませんが、減量に役立つとは思えないんですよね。

一時的にスタイルを良く見せるのであれば、それは矯正下着です。矯正下着は、着用している間体型を整えて見せてくれる、というものであって、本体が痩せるものとは違います。

つまり、一般に「痩せる下着」として売られているものは、「痩せて見えるようになる下着」です。

矯正下着を着けている間だけ痩せて見えるなら充分だ、というのであれば良いのですが、そうでなく身体本体を痩せさせようと思うなら、やはり下着に頼らず食事の調整と運動が必要です。

このページの先頭へ戻る