ホンキの1kg

プランクでは痩せないってホント?

プランクチャレンジというのが流行りましたね。

プロサッカー選手や、美貌のモデルさんもやっているとか、30日間を目安に行う点、自宅で出来て器具も不要という点がウケて、やってみた人も多かったみたいです。

効果が出た人、出ない人両方いたみたい。運動の内容を考えても、減量効果は期待できないみたいですよね。

胴体は締まるが、体重は減らない

「痩せる」というのが、ウエストが細くなるという意味では、プランクは効果的だと思います。

腹横筋をはじめ、お腹まわりの深層筋を使いますし、ふだん使わない背中の筋肉を総動員するので、結果的に胴体は細く締まります。

しかし脂肪燃焼効果はなく、筋肉増強できるほどの負荷もないので、体重に変化は現れないと思います。

 

プランクとはどんな運動でしょうか。

ひと言でいうと、姿勢をキープする運動です。

やり方は次の通り。

  • まずうつ伏せの状態になり、肘から先をまっすぐ伸ばして床につけます
  • 手は軽く握っておきます
  • 身体を伸ばし、両肘とつま先で体重を支えます
  • 胴体と床が平行になるようにキープします
  • 目線はちょっと前方を見ます

この状態を保つのですが、30日チャレンジというのは、この体勢をキープするのを、20秒くらいからはじめて徐々に時間を長くしていき、30日目には5分保てるようにする、というものです。

5日間やって、1日休むのがポイントです。

個人的には、アスリートでもないので2分間ほどキープできれば、あとは1日のうちに数回にわけてもいいんじゃないかと思っています。

コツとしては、呼吸を止めないこと、お腹はなるべく凹ませておくこと、お尻が下がってしまわないこと。お尻が下がると、腰を痛めてしまうので要注意。

 

プランクで使われるのは、腹横筋という内臓を包んでいる内部の筋肉をはじめ、ふだんはあまり使われていない筋肉。椅子に座ってばかりいる現代人は、衰えている筋肉ともいえます。

ですからプランクは、運動はしたいけど、激しい動きはムリとか、長い時間の有酸素運動も出来ないという人が、まず継続してやってみるのに最適だと思います。

一番最初は20秒くらいでOKだし、少しずつ時間を延ばしてやっていくと、達成感もあります。5日に1度はお休みできるし、身体が締まってくると、弾みがついて食事制限や有酸素運動・筋トレを始める気になるかも。

体重が減らなくても、胴体が締まると痩せたと感じるし、努力が結果に結びつくと嬉しいですよね。

アスリートが体幹のコンディションを整えるのにも利用されているプランクですから、継続していれば必ず良い結果を感じられると思います。

このページの先頭へ戻る