ホンキの1kg

振動マシーンで減量できる?

ダイエットのための運動器具は、次々と現れます。

残るものもあれば、消えるものもありますが、近年発売されるものは、定着するものが多いように思いますね。

「なぜこれで痩せられるのか」を説明するようになったというのもあるし、痩せるためには継続が必要だ、という認識が広がったというのもありそうです。

あちこちで見かける人気もの。どんな効果があるのか

ここ数年、人気が高まった運動器具といえば、腹筋運動の補助器具と、振動マシーンでしょうか。どちらも通販番組などで紹介されたり、スポーツ用品店で展示販売されたりしてますね。

腹筋マシーンは補助する機構があり、完全に自力で起き上がるよりは楽とはいえ、基本的には自分で動くものですから、お腹が引き締まるのはわかります。

一方の、ぶるぶると震える振動マシーンは、痩せられるものなんでしょうか。

 

高速で振動する台にのってバランスをとる振動マシーンは、もともとは帰還した宇宙飛行士の訓練に用いられていたものだとか。

宇宙空間に滞在する飛行士は無重力状態のため、筋力を使わず過ごします。そのため、地上に帰ってきた時には、筋力がとても衰えてしまっているのだそうです。

その状態から、再び地上で正常に生活する筋力を取り戻すための第一歩として、振動マシーンが利用されているそうですよ。

振動するものの上に立ち、倒れないように踏ん張ると、物理でいうところの「作用・反作用」の力が働きます。

そのため、立っているだけで、振動マシーンが上に突き上げてくる力に耐え、身体を下へ押し返す力がかかります。このため、足腰の筋肉を使っている状態になるのですね。

また、振動するものの上に乗ると、人は無意識にバランスをとるため、体幹が鍛えられます。

振動マシーンは、そういった効果が見込めるということで、ダイエット器具ではなく、健康器具として発売されたものなんです。

 

プロアスリート選手もトレーニングに利用しているとあって、あちこちで販売されるようになりましたが、出始めはものすごい値段だったんですよね。百万円単位のものが多くて。

価格が高いだけでなく、重量も数十キロと重たいものが多くて、一般家庭で気軽に買えるようなものではありませんでした。

その後、家庭でも使えるように改良されたものが販売されるようになり、今では3万円くらいのものもあります。

実は我が家にもありますが、アスリートが使うような強力なものではありません。振動回数が少な目で、取っ手もなく、軽量化されたもの。

乗っていると身体がほぐれるように感じ、とても気分がいいので、愛用しています。

 

ぶるぶるマシーンで、痩せられるのか

そしてこの機械で減量できるか、という点については、ある意味YESで、ある意味NO。

というのは、体重は減らないからです。

振動マシーンが身体に与える影響というのは、前述のように「弱った筋力を戻す」もの。日常生活に支障がない程度に筋力が戻ることはあっても、ムキムキになるわけではありません。

ですから、多少代謝は上がりますが、めきめきと体重が落ちることはないのです。

しかし、皮下脂肪の多い人なら、サイズは落ちます。

これは振動により、自力では動かせない深部の筋肉が刺激されることと、血行・リンパの流れを促進してくれることが、関係しています。

血液は身体中をめぐって酸素と栄養素を運び、不要物を引き取って流れています。血行が悪いということは、必要なものは届かず、不要なものも引き取ってもらえていない状態ですよね。

それらの循環が改善されれば、自然と身体は引き締まります。それにより、サイズダウンが可能になるということですね。

逆にいえば、現状、代謝や血行に問題がない人には、効果は見込めないのかもしれません。

これまで定期的な運動をしていない人や、高齢者などには、効果的なのではないかと思います。

 

選ぶポイントとしては、最初からアスリートが使うような高度なものではなく、医療機器を作っているようなメーカーのものを検討するというところでしょうか。

ただ乗っているだけとはいえ、強烈に揺れるボードに上に立っているのは楽ではありません。

自分の体力や年齢などを考えて選ぶと、辛くて続かない、なんてこともなくなると思います。

このページの先頭へ戻る