ホンキの1kg

暑い時期・寒い時期の減量のコツは

暑い時期と寒い時期では、どちらが減量しやすいでしょうか。

なんとなく、冬はクリスマス・忘年会・お正月とご馳走を食べる機会が多く、太りやすいイメージがあります。

反対に、夏はバテ気味で食欲が落ちやすいため、太りにくいと考える人が多いかも。

でも、実際は秋から冬にかけ、気温が下がる時期の方が、減量しやすいのだそうですよ。

 

食べ過ぎずに動き続ければ、痩せやすい冬

人間は恒温動物です。気温が変化しても、身体は一定の体温を保とうとします。そのため、気温が低くなると体温を上げようと代謝がアップします。

つまり、寒い時期の方が代謝が高まり、エネルギーを消費するわけですね。

だからこの時期に、食べる量を少し減らしてやれば、体重は落ちるというわけです。

しかし難しいのが、その「少し食べる量を減らす」という点。暖かい時期よりもカロリーを消費するわけですから、身体は

「もっと燃料を投入して~」

とばかりに要求します。お腹は空くし、冬は食べ物も美味しいし、というわけで、つい食べ過ぎてしまうんですよね。

でもその時に、少しガマン出来れば首尾よく痩せるというわけです。

そして寒いと、つい動かずにじっとして過ごしてしまいますが、意識的に動くようにすれば、暑い季節よりも痩せやすいといえます。

寒いからといって、たくさん着込んでしまうと余計に動きにくくなりますから、ちょっと薄着で、動き回って過ごす。

それが冬の減量のコツだと思います。

 

一方、暑い季節は食欲が落ち、汗もたくさんかくので痩せるように思います。

でもアイスクリームや冷たい飲み物をとりがちになりますよね。それには糖分が多く含まれています。

必要な栄養は不足しがちなので、いつもなんとなく口寂しい感じになってしまい、つい余計なものを食べてしまったり。

気温が高いので、身体も頑張って体温をあげる必要もなく、代謝が落ちてしまいます。

あまりにも暑い日は、熱中症も心配になるので運動も控えますよね。

これでは減量は難しいでしょう。

夏のダイエットは、水分補給が肝心。甘く味の付いたものではなく、水を飲みます。できれば常温の水をたくさん飲みましょう。

服装は軽く、汗を吸って発散してくれるものを。肌表面がべたついていると、動くのがよけいに億劫になってしまいます。

そして栄養価のないものを食べるのを控えて、食事をしっかりとりましょう。

1年を通して、本当に暑い時期は短いものです。

踏み台昇降やストレッチなど、屋内で出来る運動を続けつつ、水分と栄養をしっかり摂ること。

それが夏の減量のコツだと思います。

このページの先頭へ戻る