ホンキの1kg

断食したら確実に痩せるのか

減量するためには、食事を減らす必要があります。

短期間で目に見える結果が欲しいと考えたら、「いっそ断食してみようかな・・・」と思っても、無理はありません。

でも、個人的には断食はお勧めしません。なぜかというと、ほぼ確実にリバウンドするからです。

断食は効率よい減量方法ではない

ひとくちに断食といっても、色々なパターンがあります。

数日間、水以外口にしない完全な断食から、1食減らす、半日食べないなどのプチ断食まで、やり方は色々あります。

いちおう3食だけど、置き換え食品を利用して摂取カロリーを極端に減らす場合も、半断食と言えるかと思います。

 

減量の基本は消費カロリーを増やし、摂取カロリーを減らすことですから、断食すればほぼ確実に体重を落とすことができます。

でも、身体を飢餓状態にすることは、後々を考えると得策ではありません。

飢餓状態になると、次に入ってきた栄養を逃さず体内に取り込み、次の飢餓に備えてため込もうとします。つまり、前より太りやすくなってしまうわけですね。

運動せず、食べずに急激に減量するとリバウンドしやすく、なかなか痩せなくなるのはそのせいです。

特に、水以外のものを口にしない完全な断食は、自己流でやると危険です。

 

だんだん太りやすくなっては、本末転倒

一時期でも減量できればそれでいい、という場合には、確かに断食すれば痩せます。確実に痩せる、といえます。

でもずっと断食しているわけにはいきませんから、いずれ食べるようになりますよね。その時に以前より太りやすくなってしまっては意味がないと思います。

確実に落とす食事というのは、栄養素をきちんと摂り、量を食べ過ぎない食事です。とにかく何も食べない、という痩せ方は、栄養不足で肌にツヤもなくなり、気分も荒れがちになってしまいます。

身体を作るたんぱく質や水分、ミネラル分はしっかり摂り、油脂や脂質は必要最低限に。脂肪を燃やす原料になる、炭水化物も少量でいいけど必要です。

 

目的の日1日だけ、そこだけ痩せていられればいい、というなら、その日にむけて断食するのもアリかもしれませんが、後のリスクが大きいことも知っておくべきかと思います。

食べなければ痩せると、極端な断食をするのはやめておきましょう。

このページの先頭へ戻る