ホンキの1kg

有酸素運動は痩せるけど、老ける?

有酸素運動は脂肪を燃焼するのに向いています。痩せたいなら食事量を減らして有酸素運動を増やす。これがホンキのダイエットの鉄則です。

でも、有酸素運動しかしないでいると、それはそれで困ったことも起きます。

それは「見た目が老けてしまう」ということ。

痩せればそれでいい、わけではない

痩せてキレイになりたい、カッコよくなりたいのに、老けてしまったのでは何にもなりませんね。

引き締まった若々しい体を作るためには、有酸素運動だけでなく筋力トレーニングも必要です。

それを忘れずに運動メニューを考えれば、キレイに痩せることが出来ると思います。

強度の強い有酸素運動ばかり長くしていると、見た目が老けるというのはよく耳にします。

個人的には 言われてみればなんとなく、そんな気もするなぁ、というくらいの印象ですね。

データも揃っていないようなので絶対そうとも言い切れないんですが、現在の研究で分かっていることも。

 

有酸素運動はどうして老けるの?

それは、「運動により活性酸素が体内に増えるため、細胞の老化が進む」ということなんだそうです。

活性酸素は体内に取り込まれた酸素が多ければ多いほど生成されるもの。息が切れるほどの激しい運動は、酸素を多く取り込むため活性酸素も多く作られる、というわけです。

特に、野外の紫外線がふりそそぐ中で激しい運動をすると、よけいに多くの活性酸素を作ることになります。これでいくと、外を走るランニングなどは、よけい老けるといえそうですね。

 

もっとも、今では抗酸化成分についての研究も進んでいますから、運動する前、した後など、サプリメントや食事内容で活性酸素の生成を抑えることも可能です。

よく、美容と健康のためには「適度な運動が必要」と聞きます。

今の体型を維持したい、ということであれば、もちろん適度な強度で十分ですが、1kgでも本気で痩せたいと思っているなら、やはり「適度な」運動では間に合いません。

短期間で大きな成果をあげようとすると、へとへとになるほどの強い運動をしようと考えがちです。

でも老けてしまうのでは困りますよね。

 

強すぎない運動を長く続けるのがポイント

ではどうしたらいいのかというと、強度はそこまで強くなく、長い時間続けられる運動を、日常的にするのが一番良さそうです。

そこまで強くない運動とはどういうものかというと、「息が切れない程度の運動」を指すそうですよ。

ウォーキングが最適なようです。

週2回程度筋トレを加えて、基本的には有酸素運動を続ける。そして食事量を調整する。

それが痩せるためには、一番の近道だと思います。

 

ところで、運動しなければ活性酸素は生成されないのかというと、他にもさまざまな要因でつくられているので要注意。

喫煙やストレスと並んで活性酸素を増やすのは、「たくさん食べること」なんだそうですよ。

消化・吸収に多くのエネルギーを消費するので、活性酸素も多く作られるんだそうです。

食べ過ぎはいいことが何もない、というわけですね。

このページの先頭へ戻る