ホンキの1kg

筋トレと減量の関係

痩せやすい体を作るためには、筋トレが必要です。

筋肉の多い体は基礎代謝が高く、同じ生活をしていても消費エネルギーが多いため、痩せやすくなります。

しかし、それまで筋肉が少なかった人が筋トレをすると、筋肉は脂肪よりも重たいため、体重は増えることがあります。

体重は増えても、身体は引き締まっているはず

頑張って運動したのに体重が増えてしまい、見た目もあまり変わらないと感じるため、筋トレをすぐに止めてしまった、という経験がある人もいると思います。

でも、そこで止めてしまわないのが、本気で痩せるためには必要なことなんですよね。

 

たるんでしまった身体を引き締めたい場合と、そう太ってはいないんだけど健康のために筋力をつけたい、という場合では、するべき運動が違うものです。

ホンキで1kgでも落として痩せたい、という場合は、ぜい肉を落としたいのでしょうから、するべき運動は主に有酸素運動ということになります。

筋トレは軽くしておき、ウォーキングやランニング、水泳など、有酸素運動を長めに行います。そうやって脂肪燃焼して体脂肪を減らしてから、身体が元に戻ろうとする力を利用して、筋肉をつけます。

この方法の場合、つい食べ過ぎてしまい、リバウンドしやすいという注意点があります。筋肉をつけるためには食事量が必要ですが、食べるものの内容は考えないといけません。

 

筋力がなく太っていたなら、まず筋トレがおすすめ

個人的には、一時期の体重増加は気にせず、まずは筋肉をつける運動をして、それから体重を落とす方が、効率が良いと思っています。

まず筋肉をつけて基礎代謝量を増やしておくことで、その後の有酸素運動での減量がスムーズになるからです。

せっかくつけた筋肉が、有酸素運動を続けることである程度落ちてしまう、という問題点はあります。

でも筋肉ムキムキの身体になりたいわけではなく、見栄えの良い身体になりたい人がほとんどでしょうから、問題はないかと思います。

何にせよ、現在太っているのであれば、身体は効率よくエネルギーを使えていないと思いますし、筋力をつけて困ることはありません。

一時期の体重増加は気にせず、しっかり筋力をつけてから、有酸素運動を増やして減量すれば、効率よく痩せることが出来ると思います。

このページの先頭へ戻る