ホンキの1kg

ヨーグルトバナナでダイエットなら、バナナを切って入れるだけ。

一度頑張って減量して以来、体重と体型の維持に努めています。

でも置き換え食品だと、どうしてもタンパク質などの栄養素や、食物繊維が不足してしまうんですよね。食べる量が総体的に少なくなるので、お通じも悪くなります。

 

そこでヨーグルトにバナナやくるみを入れて食べるようにしています。バナナは炭水化物ですが、エネルギーに変換されやすくカリウムやビタミンBが豊富なので、重宝しています。

バナナを切って、入れるだけ

栄養分や食物繊維の不足なら、根菜たっぷりのスープ類などをしっかり食べれば解消しますが、作っておくのってなかなか難しいんですよね。

その点、ヨーグルトバナナなら、ヨーグルトのパッケージを開けてバナナを切って入れるだけ。簡単です。

 

ヨーグルトはギリシャヨーグルトがおすすめ。タンパク質が通常のヨーグルトの2倍。脂肪分はメーカーにもよりますが、0%のものもあります。

国産メーカーでも、ギリシャヨーグルトを発売しています。今のところ普通のヨーグルトと比べて値段が高いので、これをたくさんは食べられないですが、美味しいです。
3

ギリシャヨーグルトでなくても、低脂肪のヨーグルトなら低脂肪・高タンパクでダイエットにはぴったり

そしてヨーグルトだから腸内環境も整えてくれます。整腸作用でお通じもスムーズになる効果が期待できるというわけですね。

 

きなことくるみ、バナナとはちみつで腸内細菌を増やす

私はヨーグルトにきなことくるみ、バナナとはちみつを入れて食べます。ヨーグルトは多めに200gから400gくらいをドンと食べます。

はちみつは10g~20gで。くるみは20g程度にしておきましょう。入れすぎるとカロリーオーバーになっちゃいますからね。

最初に食べたとき、漫然と追加していったんですが、きなこが一番上になってしまい、すごく食べづらかったです・・・(笑)

 

次からは、きなこは先にヨーグルトに混ぜておいて、くるみやバナナは後からのせました。

この方が食べやすいです。

乳製品が合わない人や冷たいものが嫌いな人には向きませんが、私はこれを夕食がわりに食べています。

けっこうお腹がいっぱいになるので、18時に夕飯・22時に就寝でも辛くないです。

 

脂肪燃焼や便秘解消の効果も

ヨーグルトバナナダイエットは、目に見えて体重が落ちるほどではありませんが、便秘が解消されお腹がすっきりします。

きなこに含まれるイソフラボンやサポニンは、新陳代謝を高め脂肪燃焼効果を高めます。

3ヶ月から半年ほど、他の置き換え食品と併用して続けると肌の調子もよくなりますよ。

冷たいものは食べたくないとか、乳製品は摂れないという人には向いてないかもしれませんが、そうでない人には試してみて欲しいですね。

簡単なので続けやすいですよ。

このページの先頭へ戻る