ホンキの1kg

効率よく脂肪を燃焼できる運動は?

減量のための効果的な運動といえば、有酸素運動を思い浮かべる方が多いと思います。

運動には有酸素運動と無酸素運動があり、それぞれ効果の出方は違いますが、継続すれば減量できます。

もっとも大きな違いは、有酸素運動は直接脂肪を燃焼させるのに対し、無酸素運動は筋肉を育てて脂肪を燃焼しやすくなる身体を作る、という点です。

脂肪を燃やすには有酸素運動、なんだけど

有酸素・無酸素という名前は、運動している時に、エネルギー源として酸素が使われるかどうかの違いにより、つけられています。

脂肪燃焼の際には、たくさんの酸素が必要になるため、減量のためには有酸素運動を積極的に行うと良いと思います。

 

一般に、ランニングは有酸素運動と認識されています。痩せるために走る、という人、少なくないですね。

間違いではありませんが、注意しなくてはならないのは、強度があがりすぎると無酸素運動に変化する、という点です。

心拍数がある一定以上になると、血液中に酸素が供給されにくくなるため、無酸素運動と同じ状態になるのです。

その一定の数値は人によって違うので、どのくらい走ったらとか、どんな条件でとかは、表すことができません。

ですから、急に張り切りすぎてはいけない、というのは本当のことなんです。

 

効率よく燃焼するには、ほどほどを長く

脂肪を効率よく燃やすためには、無酸素運動になってしまわない程度の強度で、有酸素運動を続けることです。

非常にあいまいな表現になってしまいますが、「ちょっとキツいな」と感じる程度の運動を長めに続けるのがポイントなんです。

もちろん、運動を続けていると、だんだん楽に出来るようになってきます。その時は負荷をかけてみるとか、距離を伸ばしてみるとかして、常に「ちょっとキツい」状態を継続する必要があります。

それが一番効率の良い運動の続け方だといえます。

 

どのくらいの長さ運動するのが良いのか、についても、悩む方が多いようですね。

最近の研究では、短い時間、数回に分けて運動しても、一気に長い時間運動しても、減量効果は変わらないという結果が出ているようです。

運動時間が作れない、という場合でも、諦めてしまうのではなく、ちょっとの時間でも運動しておくべきだと思いますね。

 

効率よい時間帯もある

ただし、運動するのに向かない時間帯というのがあります。

時間がとれないからと、この時間帯に無理に運動すると、身体に負担がかかりやすいので注意が必要です。

運動に向かない時間帯は、

  • 起きてすぐ
  • 食事直後
  • 就寝直前

です。いずれも、身体に負担がかかりやすくなる時間帯です。起床後は1時間程度経ってから、食後は2時間ほど待ってから、就寝前は3時間前までに、運動するようにすると良いと思います。

また、極端に気温が高い時間帯なども、危険なので注意が必要です。

効率よく運動することは、結果が見えやすくなりモチベーションアップにも良い影響があります。

減量には時間が必要なので、とにかく継続できるように頑張りたいですね。

このページの先頭へ戻る