ホンキの1kg

便秘すると太るのはなぜか

運動しても食事の調整をしてもなかなか痩せられない、という人の中に、便秘にも苦しんでいる人は少なくありません。

便秘が先か肥満が先かという問題ではなく、両者には因果関係があります。

肥満になれば便秘になりやすいし、便秘が続けば肥満にもなりやすいというわけですね。

腸の働きが鈍くなることで肥満に近づく

両者の因果関係については、様々なところで研究されています。実体験としてもっている方もいるでしょうし、実例を身近に見ることもあるかと思います。

肥満になり内臓に脂肪がつくと、腸が圧迫されてしまう、という問題もあります。実感したことがある人もいると思いますが、とにかく便秘になると代謝が悪くなるものです。

代謝が落ちるとエネルギーは消費しにくくなりますから、同じように生活していても太りやすくなります。

それだけでも肥満の原因になるわけですが、さらに色々な問題が起きがちにも。

 

排便は身体のデトックス機能でもあります。便秘になると身体の毒素を排出しにくくなり、身体の中によけいなものが溜まるため、必要な栄養素が充分に吸収されにくくなります、

それが肥満の原因になるとも、考えられています。

また、単純に太ると身体を動かしにくくなるということもありますね。身体を動かさないでいると、血行が悪くなり筋力も衰えるため、排便力が衰えて便秘になります。

便は腸のぜん動運動によって直腸まで運ばれてきますが、排出する時は腹筋と括約筋の力が必要になります。

高齢者が便秘になりやすいのは、それらの筋力が衰えるからでもあるのです。

さまざまな要因が重なって、便秘の人は太りやすくなるし、太っている人は便秘になりやすいというわけです。

 

ダイエットの方法で便秘になることも

もちろん、痩せている人は便秘にならないというわけではありません。ダイエットと便秘にも深い関係があります。

食事量を減らしたため食物繊維が十分に摂れないということもあるし、そもそも便になる材料が少ないため、排出されにくくなります。

食事制限だけで痩せようとすると、お通じがなくなって便秘になった、という経験がある人は、少なくないと思います。

太っている人の食生活は、量は十分だとしても食物繊維が少なく、消化に時間のかかる肉料理、揚げ物などを多く摂る傾向があります。

その上に、高カロリーなものをたくさん食べているという場合も多く、これまた便秘と肥満の関係のひとつになっています。

 

腸内環境が悪いと、健康的に痩せられない

大腸は食物に含まれている水分を、腸壁を通じて吸収しています。そのため、腸に長く滞留した便は水分を失い固くなります。固くなった便は腸の中を移動しにくいため、便秘になります。

しかし吸収された水分がうまく排出されないと、腸管がむくんでしまいます。すると腸の血行が悪くなり、身体全体が冷え、腸の動きも悪くなります。

身体の冷えはからだ全体のむくみの原因にもなり、これもまた、肥満の原因になるのです。

つまり便秘と肥満は全く無関係ではなく、便秘だと太ってしまう傾向が強い、といっていいと思います。

健康的に減量しようと、運動の習慣がつくと排便習慣もよくなり、結果肌の調子も良くなるというのはよく耳にすること。

もともとの体質だから、と簡単に考えず、減量する時には便通の状態にも気を付けた方が良いでしょう。

このページの先頭へ戻る