ホンキの1kg

減量のために運動したら体重が増える。なぜ?

私はかつて、15kg減量したことがあります。最初の半年はまず、食事制限をせずに運動をガッツリやりました。

それまで運動らしい運動をしたこともないし、出産後にものすごく太ってしまっていたので、運動を続けるだけでも大変。

時間は夜、食後1時間ほど経ってから運動してたんで、だいたい20時くらいに始めることが多かったですね。

サイズは落ちたのに、体重は増えていた

運動は何をやったかというと、その当時大流行していたビリーズブートキャンプでした。

本当にキツくて、最初はほとんど動きについていけませんでしたが、継続は力なりとはよく言ったもので、3か月くらい経つと、なんとかついていけるようになりました。

その時、とても不思議な現象が起きたんです。

 

運動を始めてから、半年後のこと。服のサイズは2サイズ落ちたのに、体重は増えたんです。

運動を始める前は67kgだった体重が、68kgになっていました。

でも、服のサイズは15号から11号になったんです。

自分の身に起こったことながら、「何だこりゃ」と思いましたね。人に言っても、「そんなことある訳ないじゃん」などと言われてしまい、悶々と「だってそうなんだもん」と思ってました。

 

今考えると、運動したことない人が運動を始めて筋肉がついたら、体重は増えて当たり前なんですよ。脂肪と筋肉は、容積が同じなら筋肉の方が重いんです。

水を1.0として考える重さの基準を比重といいますが、脂肪は0.9、筋肉は1.1の比重であるといわれています。

0.9と1.1じゃ、そんなに変わらないと思いますか?

そう思うなら、お肉屋さんに行って、背脂1kgとヒレ肉1kgを見比べてきてください。

「こんなに大きさが違うのか!!」

とビックリすること間違いなしです。

 

筋肉がつくと、どんないいことがあるか

運動して、それまで全然動かしておらず成長不足だった筋肉が成長すると、身体全体の重さは増すんです。だから、運動して体が引き締まったのに体重が減らない、もしくは増えたという場合は、

喜んでいいんです!!

筋肉がつくということは、見た目が引き締まるということもありますが、基礎代謝量が上がるため、普通に生活していても消費カロリーが増えることになります。

つまり、だんだん痩せやすい体質になるということです。もちろん、過剰に食べていたら痩せませんし、たんぱく質を十分に摂らず甘いもの・脂っぽいものを食べていたら、筋肉が効率よく育ちません。

だから食べ物にも、ある程度は気をつけなくてはなりませんけどね。

 

食事の管理も、もちろん必要

私の場合は、運動が半年続いた後、食事制限も始めました。1日の総摂取カロリーを1600kcal程度にして、運動後にはウエイトダウンプロテインを牛乳で飲んでいました。

たんぱく質が足りないと空腹感が強くなるということや、せっかく動かした筋肉が育ち切らないということが分かり、効果的に筋肉をつけるために飲みました。

これは本当に、飲んで良かったと今も思っています。脂肪を燃やすのに役立つ成分と、筋肉を育てるのに役立つ成分が同時に摂れて、身体を絞るのに役立ちました。

どんな運動でもいいんですが、筋トレ要素のある運動をした後は、ウエイトダウンプロテインを飲むといいです。

 

だいたい、減量という言葉を使ってますが、ほとんどの人が目指しているのは体重を減らすことではなく、痩せた見た目になることだと思います。体重なんて、自分から人に言わなきゃ分からない。

大切なのは見た目なんです。

体脂肪を減らし、筋肉を増やすことで体は引き締まります。つまり見た目が変わるんです。

同じ重さでも、見た目に引き締まっていて痩せていると感じられるなら、体重の数値が減らなくたってかまわないと思いませんか。

体重の数字だけにこだわるから、筋肉をつけるのを嫌がって代謝が上がらなかったり、極端な食事制限をして必要以上にやせっぽちになって体を壊したりするんですよ。

細いだけで肌もガサガサ、髪もバサバサな状態がいいなら別にいいですけど、健康的でなければ美しいとは誰も感じません。

そういったことをよく分かったうえで減量していれば、

「減量のために運動したのに、体重が増えてしまった!効果がなかった!」

なんて考えて挫折することもありません。頑張って運動しましょう。

このページの先頭へ戻る