ホンキの1kg

痩せるためにずっと同じものを食べてもいいの?

りんごダイエットとか、トマトダイエット、バナナダイエットなど、単一の食品だけを食べ続けて痩せよう、というダイエット方法があります。

定期的に話題になるし、実際に頑張って痩せた、という人もいるようですが、身体に悪くないのだろうかと考える人も少なくないと思います。

同じものだけを食べ続けると、栄養が偏り体調を崩す原因になるのではないか?と考えても、不思議はないですね。

身体は補給した栄養で、動いてる

いくら栄養がある食べ物でも、それだけを食べ続けてると色々と問題も出てきます。

私も、ずっと以前ですがリンゴだけを食べ続けるダイエットをしたことがあります。

朝昼はお茶か100%のジュース。夜はリンゴを好きなだけ食べる、という方法でしたが、半月ほどで数kg、体重が落ちました。

しかし体調が最悪になってしまい、すぐにやめることに。その時は体が冷えてしまって、だるくてたまらなくなり、夜も眠れない状態になりました。

リンゴには酵素がたくさん含まれており、新陳代謝が活発になるというふれこみでしたが、今考えてみるとジュースとリンゴしか食べていなくて、代謝が活発になるわけがありません。

炭水化物もタンパク質も、身体を動かすのに必要な栄養です。そのことをちゃんと知っていれば、そんなダイエット方法は選ばなかったのに、と思うとおかしいですね。

あんな思いをするより、摂取カロリーを計算した方がずっと簡単です。

 

結局、ダイエットに近道なし

ダイエットには色々な方法があると考えがちですが、実際のところは

消費カロリー > 摂取カロリー

にしていくしかありません。この前提が守られていれば、いずれ体重は落ちていきます。

健康のためには、体重を落とすだけでなく筋肉量も増やす必要があります。

筋肉量を増やすことと体重を落とすことは相反しているので、どちらかを優先するしかありません。

筋肉を増やすためにはたんぱく質と水分が必要ですし、脂肪を燃やす燃料にするために炭水化物をとる必要もあります。

体重が落ちて身軽になってから筋肉をつけるのも悪い方法ではありません。いずれにせよ、痩せるために単一の食品だけを摂り続けるのは、良い方法ではありませんね。

 

よくあるのが、「○○には必要な栄養素が入っているから、これだけ摂っておけば大丈夫」というものです。

確かに、生命の危機には陥らないかもしれませんが、健康な体を作るためには不十分です。

単一の食品だけを摂り続けるのではなく、摂取カロリーの上限を超えないように、色々なものを食べた方が、結局は早く痩せられます。

痩せても健康でなければ、意味はありませんからね。

このページの先頭へ戻る