ホンキの1kg

痩せたら自分へのご褒美に、何をするか考えよう

普通に暮らしていて極端に太ることもあまりないと思いますが、痩せようとする時にも、普通に暮らしていてはなかなか痩せられないものです。

減量のためには、運動量を増やして食事量を減らすしかありません。

努力しても毎日の変化は微々たるものなので、なかなかモチベーションを維持できずに途中であきらめてしまうことも、よくあります。

太ってるせいで諦めていることを、目標にする

減量し、適正体重を継続的に維持していくためにも、モチベーションを保つことはとても重要です。そのためにも、ぜひ「痩せたら何をしようか、考えておく」のをおすすめします。

本気でダイエットして、何kg落ちたら何をするか、具体的に決めておくとモチベーションの維持に役立ちます。

ポイントは遠い目標でなく、細かく何段階も設定すること。少しずつ目標に近づくのを実感することで、次の目標に向かって頑張る気持ちになれます。

高い目標を掲げてしまうと、なかなか達成できず、途中で嫌になってしまいます。細かい目標をちょこちょこと達成するのがコツですね。

それぞれの目標達成時に、何をするか。考えるのも楽しいし、達成できた時に悦びもあります。

ただ、我慢していた○○を食べる、というのは台無しになる可能性があるので止めたほうがいいでしょう。

 

自分が変わったことを認識できるものがオススメ

私が減量した時には、アクセサリーや服を買う、おしゃれして写真を撮る、運動のためのトレーニングウエアや靴を買ったりしていました。

太っていた時には入らなかったウエアが着られたりすると、本当にうれしくて、また頑張ろうという気になれましたよ。

モノを買うだけでなく、たとえばちょっと運動の強度をあげてみるというのも良いです。

ボルダリングやエアロビクスなど、太っている時にはやりにくい運動に挑戦してみるなど、それまでと違うことを始めるきっかけにするのも、モチベーションの維持に役立ちます。

今諦めていることも、少し先にはできるようになると思うと、頑張れるものです。

このページの先頭へ戻る