ホンキの1kg

理想体重の計算法は簡単。でも健康とはいえないかも

理想的な体重、という言葉をよく聞きます。

減量する際には、目標にする数値を決めると思いますが、その数値が無理なものでないかどうかは、先に検討しておく必要があると思います。

そもそも理想体重とはどんな数値なんでしょうか。

目標にする数字は、具体的でムリのないものに

理想体重に公的な基準があるわけではないので、普通に考えれば個人が理想的と考える体重のことになります。

でも、一般に減量しようとする人が理想とする体重は、極端に少ない数値だったりしますね。

 

痩せようとする時、参考にするべきなのは、体重よりもBMI値だと思います。BMI指数は「身長からみた体重の割合を示す体格指数」というもので、一番手軽に肥満度を測れるものです。

一般に、BMI= 体重kg ÷ (身長m)×(身長m)という計算式で計算できます。

160cm、体重55kgであれば、BMI値は

55 ÷(1.6×1.6)=21.48

になります。BMI値が22である時、一番病気になりづらく健康体である人が多いということですから、上記の例であれば、ほぼ理想的ということになります。

 

ただし、この数値も完全ではなく、筋肉量が極端に少ない場合などは「かくれ肥満」である場合もあるので、ひとつの参考として考えておくと良いと思います。

逆に、BMIの数値が22になるようには何kgを目指せばいいかを計算するには、

適正体重= (身長m)×(身長m)× 22

で計算できますね。上記の例なら、

(1.6×1.6)× 22 = 56.32

で、あと1kgくらい増えたらちょうどいいということになります。

 

理想的なのは健康な数値なのです

もし、痩せようとしていて、体重を落とすときに、理想的な体重の数値として極端に少ない数字を設定していたらどうなるでしょう。

達成するのも難しいし、達成したところで美しさとは無縁の外見になってしまう恐れもあります。

何をもって理想とするのかは人によって違うと思いますが、健康的で美しい外見をめざすなら、無理な数値を目指さないことです。

体脂肪についても同じ。標準体脂肪率は年代によっても違います。自分の年代なら、どのくらいの脂肪率が理想的なのか、知っておくことも必要ですね。

 

たとえば上記の例なら、もうダイエットをする必要はありません。モデルや女優のような、特殊な職業の人でもなければ、これ以上痩せる必要はないはずです。

理想的な体重を美容体重に設定している人は、だいたいもっと痩せようと考えるようですね。

美容体重とかモデル体重とか呼ばれる数値は、一般的に健康な数値よりも5kg~10kgほども少ない数値です。その数字を目指して減量することは、健康を損なうリスクがあると思います。

ただ痩せていれば美しいと考えるのは正しくありません。自分が目指している体重が正常な数値なのかどうか、考えて設定する必要がありますね。

このページの先頭へ戻る