ホンキの1kg

痩せやすい食事時間が実はあります。いつ食事するのがいい?

夜、食べると太ると聞きます。では、逆に太らない食事の時間というのはあるんでしょうか。

実際には、食べる時間よりも量や内容の方が重要です。

しかし、同じ1600kcalの食事をするとしても、夜だけ食べるのと昼だけ食べるのでは、確かに脂肪になる率が違うのだとか。

理想的な時間帯に必ず食事ができるとは限りませんが、脂肪になりにくい時間にしっかり食事をすることを心掛けたほうが良いのは、間違いなさそうです。

甘いものは午後4時までに

一般的に、食事は1日3回。痩せようとする人は、食事の回数を減らそうとする傾向がありますが、食事の時間帯に気を付けて回数を増やしたほうが痩せやすいのだとか。

減量のためには、甘いものは一切やめるべきと考えがちですが、午後4時までは甘いものを食べても脂肪になりにくいため、おやつはそれまでの間に食べるようにします。

我慢ばかりだと続かないし、反動で食べ過ぎてしまう原因にもなりますからね。

 

おやつの時間には、和菓子など脂質の少なめな甘いものを選べば、食べてもOKです。洋菓子も、少しなら食べても大丈夫。

洋菓子を食べた日は、食事で脂質を減らすなど、バランスをとればいいのです。

 

午後6時までに食事は終わりにすること

痩せやすい食事の時間は、午後6時まで。夕飯が早い習慣なら、夕飯の後は何も食べないようにすればいいのですが、仕事などで早い時間に食事はできない、という方も。

その場合は、午後6時までに軽食を。おにぎりが最適です。生成した小麦で作られたパンなどは避け、できるだけ穀物そのままのものを摂るようにすると太りにくいです。

そして、遅くに食べる夕食は湯豆腐やポトフなど、脂質が少なくタンパク質の多いものを。夜遅くに肉料理とご飯の組み合わせなどはNGです。

 

夜遅い時間の食事は、胃腸を働かせ続けることになるため、体が休まらず翌日疲れる原因になります。

質の良い睡眠は、成長ホルモンの分泌を促し、ダイエットに役立ちます。ぐっすり眠るためにも、体に脂肪をため込みにくくするためにも、夜遅くにガッツリ食事をするのはやめた方が良いですね。

朝、起きたらまず常温の水か白湯を。水分を補給して体を目覚めさせ、排せつを促します。胃腸のリズムが整うと、むやみに食べたくもなりません。

昼食が早い方は、夕食までの間に間食を。極度に空腹にしないのも、痩せやすい体を作るために有効です。

全体のカロリーを抑えることも必要ですが、食べる時間帯にも気を付けて、地道に減量を進めていきたいですね。

このページの先頭へ戻る